いとうさとしの「おもしろ字」...「ことば漢字」の作品発表 ひらがなで漢字を書いた筆文字風アイデア文字アート メッセージ・感謝グッズ・贈り物・グリーティングカード・ポストカード・マグカップ・Tシャツ
ことば漢字 心を伝える文字アート

ことば漢字

トップページ

「ことば漢字」とは

ことば漢字作品(画像)一覧

代表作品


「ことば漢字」作品 (テーマ別)






リンク集



デザイン文字書籍


電子書籍作ってみました。





「ことば漢字」とは

(1)ことば漢字とは

「ことば漢字」は、私、いとうさとしが考えた造語です。

「ことば漢字」とは、一見ただの漢字に見えますが、よく見ると、
意味のある言葉のひらがな等のかな文字で構成された漢字をデザインした筆文字風アイデア文字です。

その漢字が持つ意味や関係する言葉をひらがな等を使って書く(描く)ことで、味のある漢字の
デザイン文字になります。
漢字にピッタリと当てはまった言葉で作れた時は、心を伝える文字アートと言っても
いいのではないでしょうか。

また、「ことば漢字」は、ひらがなが等の仮名文字が隠れている漢字、”隠し文字”に属する
一種のトリックアートと言ってもいいかもしれません。

ひらがな「等」と書いたのはなぜかと言うと、カタカナを使ってもいいし、
ひらがなとカタカナの混合、または簡単な漢字との混合でもいいからです。

ただ、作品の出来としては、ひらがなのみ、またはカタカナのみで構成したものの方が
完成度が高いと言えるでしょう。

主に、ひらがなで作ることが多いので「ひらがな漢字」と呼ばれたりすることもあります。

 
例えば、この画像は一見すると「贈」という漢字に見えると思いますが、
よく見ると「ありがとう」のひらがな5文字でできていることが解ると思います。

どのようにして作られているかというと、ひらがなの形を読める程度に変形させたり、
その文字の太さを細くしたり太くしたりして調整して並べています。

平仮名を変形させて作るという特性上、この平仮名の変形は無理があるんじゃないの?
というようなものも中にはありますが、そこはご愛嬌で。

できるだけ漢字の書き順に近い並びで構成できると完成度が高く、
出来たときの感動も大きいです。

さて、それぞれの作品の漢字が、何というかな文字で書かれているか解かりますか?

 ことば漢字作品一覧


(2)デザイン文字について

文字のデザインと言えば「フォント」というものがありますが、これは文字を印刷するために、
基本的な字体を構成する線の太さ、線端の形状などに規則性を持たせたものです。
字の基本的な形状を変えるものではありません。
明朝体やゴシック体などが代表的なものです。

デザイン文字には、色々なジャンルがあります。
一般的に、デザイン文字というと、漢字を構成するパーツの一部、あるいは、全部を絵で
表現したものがあります。

もともと漢字の成り立ちは、象形文字に代表されるように、絵を簡単化した図形が元になっています。
例えば、「羊」という漢字の「ソ」の部分を「角」の絵で表現した場合、漢字の成り立ちの逆を
たどる表現の仕方と言えます。

「ことば漢字」は、漢字の字体を構成するパーツを、「おめでとう」や「ありがとう」などの
言葉のかな文字を使って表現したものです。

ひらがなだけでなく、他の文字(片仮名、あるいは、アルファベットや数字など)で表現するのも”あり”です。

「ことば漢字」は、デザイン文字の一種ですが、フォントではなく、イラスト系のデザインに属するものに
なると思います。

「ことば漢字」は、一見すると、ある一文字の漢字、あるいは二文字以上の漢字熟語に見えますが、
よく見ると、意味のある「かな言葉」で構成されているというところが特徴です。

もともと、平仮名や片仮名は漢字の変形あるいは一部を取り出したものです。
例えば「女」という漢字から「め」という平仮名ができています。これは正統派な変形の仕方ですが、
「ことば漢字」を作る場合は、それにこだわる必要はありません。

「ことば漢字」をデザインするコツは、字体を少し変形したり、かな文字の線の太さを調整することで、
ちょっと「ごまかす」ことです。

そして、その字体を構成する線に相当する部分を太い線にすることで筆文字風にします。

漢字本来の書き順は、無視です。
書き順まで考慮したら、ほとんど作れないでしょう(^^;)

一見してその漢字に見えるようにすればいいのです。


(3)作り始めたきっかけ

 
実を言うと、私が「ことば漢字」を作ったきっかけは、当時(平成8年頃)参加していた発明学会で、
会員のある人が創作した「おめでとう寿文字」と題した「寿(壽)」という漢字を「おめでとう」という
平仮名で表現したというデザイン文字を見て「これはおもしろい!」と感動したことでした。

http://www.hatsumei.or.jp/idea/member.html

それから数ヶ月経ったある時、新聞を読んでいて「合格」という漢字をなにげなく見ていたら、
突然「おめでとう」というひらがなが見えたのです。その時は、まさに「ひらめいた!」という感じでした。

2番煎じでしたが、これを発明学会のコンクールで発表したところ、なんと、賞をいただいてしまいました。
まさか本当に賞がいただけるとは思っていませんでしたが。(^^;)

このあたりからちょこちょことしたためていた作品を公表しておこうと思い、
このホームページを立ち上げました。

「おめでとう・寿文字」はその後、商品化されたようです。
その「おめでとう寿文字」を最初に考えた人のお名前は竹内久和さんですが、今、インターネットで検索すると、
同じ発想で「おめでとう」で書かれた「寿(壽)」を考えた人が何人かいるようです。

このようなジャンルのデザイン文字を総称して「ことば漢字」と呼んでみました。(ベタなネーミングだな...(^^;))

よくよく考えると、実は私の出身校の愛知県立熱田高等学校の校章は、
漢字の「高」をひらがなの「あ」の字でデザインしていたんですね。

当時も、校章のデザインを見て「なかなか面白い校章だな」と思っていたのは覚えています。


同じ発想のアートとして、最近では有名どころとして、
國重友美さんの「英漢字」(ええかんじ)や杉浦誠司さんの「めっせー字」があります。
(両方ともネーミングがいいですね)。

國重友美さんの「英漢字」は、「漢字」をその漢字の意味の英語の「アルファベット」で作っています。
杉浦誠司さんの「めっせー字」は、「漢字」を「ひらがな」で表現するという私の「ことば漢字」と同じ発想の文字アートですね。



 ちなみに、「ことば漢字」のネーミングを考える時に、「ありがとう」や「おめでとう」などの感情を表す言葉のかな文字で構成して
「漢字」を表現したものであるので、「感情を表す漢字」、略して「感字」や「感じる漢字」...にしようと思いました。

しかし、「感字」「感じる漢字」を検索してみると、違うジャンルのデザイン文字にこの名前がすでに使われていたのでやめました...。
(^^;)




(4)著作権の問題

最近は、書道をやっているプロの方や一般の方も、このような文字アートを作っていらっしゃる方を、
WEB上でちらほら見かけるようになってきました。

最近の書道ブームなどもあって、この「ことば漢字」のような文字アートが、結構ウケているということでしょう。
うまい言葉を当てはめた作品ができると、よく感想をいただいたりします。

ただ、認められてきていて嬉しい反面、盗作に近いような作品を作って販売している方もみえるようで、残念なことです。
デザインの世界では、このような類似作品や盗作がよく問題になっています。

著作権では、私的利用に関しては真似をするのは自由ですが、それを使って販売したりすると権利侵害になりますので、
マナーを守りましょう。



PR
UPSOLDで「ことば漢字」の商品(Tシャツ・マグカップ等)を見る

  Zazzleで「ことば漢字」の商品(ポストカード・マグカップ)を見る

電子書籍もあります。





戻る
戻る



copyright(C)2010 いとうさとし ALL right reserved

kazokukakegaenonai.htmlへのリンク