いとうさとしの「おもしろ字」...アンビグラムの作品発表 見方によって違う文字に見えてくるトリックアート  グッズ・ステッカー・贈り物・グリーティングカード・ポストカード・マグカップ・Tシャツ
発送代行


おもしろ字
トップページ




いとうさとしのアンビグラム作品集


ステッカー販売

いとうさとしのアンビグラム作品の
データ販売もしています

いとうさとしのアンビグラムご利用例

いとうさとしのアンビグラムデータご利用料金案内



いとうさとしのアンビグラム作品


窓にWELCOMEいらっしゃいませステッカー 


アンビグラム
とは、ある文字(一文字、単語、文も含む)を本来の向きで読めるだけでなく、異なる方向からも読むことができたり、そのままでも2通り以上に解釈して読むことができるようにしたデザイン文字のことです。

ダグラス・ホフスタッターという方は、アンビグラムのことを「2つの異なる読み方を同一のひとそろいの曲線に何とかして押し込める筆記体デザイン」と説明しています。(Wikipediaより)

ある意味、無理やり読めるように変形させているとも言えますね^^;

アンビグラムは、アメリカ発祥の文字アートで、「天使と悪魔」という映画で使われていることでも有名ですね。
「water、air、fire、earth」のアンビグラムを見たことがあるのではないでしょうか。

「water、air、fire、earth」のアンビグラム

私の場合は、アルファベットのものもたまに作りますが、今のところ、主に漢字や平仮名・片仮名を使った日本語のアンビグラムを作っています。



アンビグラムの種類

アンビグラムには、作り方によりいろいろな種類があります。

Rotational
180度、90度、45度など回転させたアンビグラムのこと。回転させると違う読み方になるタイプと、同じ読みになるタイプがあります。


(片仮名で「イトウサトシ」。「イトウ」を180度回転させて「サトシ」に見えるようにしています。)

Mirror
鏡に写したように反対に見える「鏡文字」のこと。垂直軸線対称と水平軸線対称、あるいは斜め軸線対称のものもあります。
これも違う読み方になるタイプと、同じ読みになるタイプがあります。


(平仮名で「いとうさとし」。真ん中を縦軸として「いとう」を反転すると「さとし」に見えるようにしています。)

Figure-ground
文字と文字の間の空白部分(背景)が別の文字に読めるタイプです。


(黒の部分が「いとう」で、白の部分が「さとし」。)

Perceptual shift
文字の曲線や形の解釈の仕方によって2つ(2つ以上の場合もある)の異なる文字や語に読むことができるタイプ。
(私の「だまし漢字」がこのタイプになるのではないかと思います。「ことば漢字」も近いものがあります。)

 


Chain
文字や語を繰り返し並べて、途中からも読めるタイプ。

Fractal
いわゆるフラクタル(自己相似)で、図形の一部分と全体の形が相似になっているタイプ。

などなど。

その他、平面的なデザインだけでなく立体的にXYZ軸の3方向で異って見えるようなタイプのアンビグラムもあります。




アンビグラムに関するうんちくは、このくらいにしておいて、
ここからは、いとうさとしのアンビグラム作品を楽しんでください。

→  いとうさとしのアンビグラム作品集




アメブロにも掲載中です。→いとうさとしのアンビグラム






トップへ
戻る



copyright(C)2010 いとうさとし ALL right reserved

sticker.htmlへのリンク